加西市空き家バンク

空き家バンク制度について

空き家バンクとは

空き家バンク制度とは

この制度は、加西市の空き家を有効に活用し、市外からの定住を進めることで地域活性化を図っていく制度です。

空き家バンク制度の目的

売却や貸出意思のある空き家の所有者の意思を確認し、市がその情報を管理し、田舎暮らしを希望する都市居住者に情報を発信することで、新規就農者や田舎で起業や芸術活動を行いたい、農業をしながら田舎で暮らしたいという明確な意思を持った方の転入促進を図ることを目的としています。

空き家バンクへ登録を希望される方へ

空き家バンクへ物件を登録する場合、登録申込書と登録カードが必要です。
また、市は仲介ができませんので、あらかじめ登録している土地建物取引業者に依頼してください。

空き家バンクを利用される方へ

空き家バンクを利用して、物件を探される方は、事前に登録が必要です。登録の要件をよくご確認の上、お申込みください。
登録後、空き家バンクに掲載されている物件を確認等される場合は、その物件を取り扱う土地建物取引業者とお話を進めていただくこととなります。

契約について

契約交渉は、空き家バンク媒介等の登録済の土地建物取引業者を介して行います。
なお、契約が成立した場合は、媒介業者へ法律で定められた仲介手数料が発生します。市は契約交渉に介入できませんのでご了承ください。

空き家バンク手続きの流れ

<宅地建物取引業者の仲介を依頼する場合>

空き家バンク手続きの流れ

事業登録者一覧

加西市空き家情報登録制度「空き家バンク」実施要綱

 

空き家を買う・借りる人

 

空き家を売る・貸す人

  • ・空き家バンク物件登録申込書(PDF形式:67KB、Word形式:42KB)
  • ・空き家バンク物件登録カード(PDF形式:263KB、Word形式:391KB)
  • ・空き家バンク物件登録事項変更届(PDF形式:60KB、Word形式:36KB)
  • ・空き家バンク物件登録取消届(PDF形式:55KB、Word形式:15KB)

    加西市お試し滞在補助制度

    加西市に移住を希望される方が、空き家バンク登録物件の現地確認や、地域の自然・歴史の魅力に触れる機会を持つための負担軽減として、「お試し滞在補助制度」を実施しています。

    補助対象

    〇ご利用いただける方は以下のすべての要件を満たす方です。
    ・加西市外に住所を有する方
    ・加西市空き家バンク利用登録されている方
    ・地域住民と協調、地域の生活文化・自然環境等への理解を深め、市内の空き家への定住を希望される方
    ・加西市内の宿泊施設に2泊以上宿泊する方
    ・暴力団員や暴力団員密接関係者でない方

    補助額

    宿泊施設利用料金から、一泊あたりの補助対象者の負担額2,000円を減じた額以内。
    ただし、一泊あたり5,000円、宿泊日数は5泊を限度とします。同行者は3名を限度とします。

    補助金を受けるには

    補助金交付申請書に現住所を証する書類の写しを添えて、宿泊施設を利用する日の前日から14日前までに交付申請書を提出してください。
     また、お試し滞在後には宿泊施設宿泊証明書を添付のうえ、補助金請求書を提出してください。

    加西市お試し滞在補助金交付要綱

     

    申請用紙

    空き家改修補助制度

    空き家を改修して売却や貸出をする方や購入した空き家を改修する方に一定の補助を行います。詳しくは、担当課までお問い合わせください。

    補助額

    改修工事の1/2(上限50万円)

    補助対象

    〇空き家(店舗や倉庫は除く)の主要構造部又は居住用の部分(トイレ・風呂・台所)の改修
    〇20万円以上の改修工事
    〇市内に事業所を置く建築事業者による改修

    対象空き家

    〇築年数が25年以上
    〇平成27年4月1日以降に契約されたもの
    〇市から同様の事由による補助金を受けていない空き家

    加西市空き家改修事業補助金交付要綱

     

    申請用紙

ページトップに戻る